マレーシア不動産|  プロフィール|  アーカイブ|  エントリー|  コメント|  トラックバック|  カテゴリー|  お問合わせ| 
<< マレーシアのボーティー(BOH TEA) | main | マレーシアはアジアで最も英語が通じる国 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

マレーシア債務残高、GDP比55%の上限に近づく


マレーシア政府の借金が膨張し続けています。

本日2013年11月12日の現地ニュースによりますと、マレーシアの債務残高が2013年時点で5412億9200万リンギに達したそうです。マレーシア政府はアメリカと同じく法律によって借金のGDP比上限を55%と定めていて、その法定基準に迫っているということです。

新たな国債発行が難しくなれば、首都圏大量輸送システム(MRT)や軽便鉄道(LRT)延長、ジョホール州ペンゲランの石油精製・石油化学コンビナート(RAPID)などのインフラ計画に影響が出る可能性があります。

ですので、今後はマレーシアへの投資は少々慎重になる必要があると思います。

財務省が発表した「2013/14年経済リポート」に基づけば、2013年のGDP比55%は5432億2135万リンギとなります。債務残高はGDP比54.8%に達しており、55%の上限に達するまで19億2925万リンギを残すのみ。

MRTやLRT延長、RAPIDなどは官民共同で行なっていますが、政府がかなりの額について債務保証を行っており、偶発負債のリスクだってあります。これらを合算すると1480億リンギを超え、これを債務残高に含めるとGDP比で60%を突破するという壊滅的な試算となります。

もちろん、これは最悪のケースであって、マレーシア政府はそうならないように、数々の増税や補助金削減を行っています。

投資家としてはこれらの財政再建策が成功するか否か、しばらく様子を見る必要がありそうです。
 

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR