マレーシア不動産|  プロフィール|  アーカイブ|  エントリー|  コメント|  トラックバック|  カテゴリー|  お問合わせ| 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

マレーシアの民族問題2

先日発表された2014年度の予算案が華人の間で物議を醸しています。

以下http://www.malaysia-navi.jp/news/?mode=d&i=2545より転載

華字紙「星洲日報」電子版が実施した2014年度予算案に対する満足度調査で、回答者の81%が「不満」もしくは「非常に不満」と回答した。「満足」と「非常に満足」の合計は18%にとどまった。

同調査は予算案が発表された10月25日夜から28日まで行われ、1,590人から回答を得た。回答者の65%が大卒、69%が月収3,000リンギ以上で、華人のインテリ中・高所得者層が多かったとみられることから、与党政権にとって厳しい結果となった。

個別の政策については、「最も不満」に挙げられた比率が最も高かったのは「2015年施行の6%の物品・サービス税(GST)」で、全体の37%を 占めた。これに次いで高かったのは「華人小学校へのわずか5,000万リンギの補助金」(16%)で、以下、▽砂糖補助金の廃止▽治安改善に向けた警察・ 治安部隊への210億リンギ予算▽低所得者向け一時給付金「1マレーシア・ピープルズ・エイド(BR1M)▽住宅政策——が続いた。GSTについては 74%が「不合理」と回答し、砂糖補助金廃止は58%が「すべきでない」と答えた。ナジブ・ラザク首相が砂糖補助金廃止の理由の一つに糖尿病などの疾病予 防を挙げたことについては、90%が「効果なし」と答えた。

一方、「最も満足」とする回答率が高かったのは「所得税・法人税引き下げ」(31%)で、「住宅政策」(25%)がこれに次いだ。

来年度予算案が発表された後のマレーシアの先行きについては40%が「悲観」、37%が「非常に悲観」と答えた。5月の総選挙の予算案への影響については、87%「影響した」と答えた。

転載以上

私が個人的に最も拙い政策だと思うのは「華人学校への補助金削減」です。

ただでさえ世界的に評判の悪い人種差別政策(ブミプトラ)を拡大するものです。


ナジブ政権は華人の支持者を増やすためにこのブミプトラ政策の緩和を模索していたこともあったようですが、マレー人関係団体の猛烈な反対、むしろブミプトラを拡大すべきといった声に押されて立ち消えになってしまったようです。


ブミプトラとは?

1971年にスタートしたこのマレーシアのブミプトラ政策は、経済観念に秀でた華僑とマレー人の経済格差を是正する目的で始まりました。

商売やビジネスでマレー人が華人とまともに競争しても歯が立たないからです。

また、このブミプトラ政策には、マレー人に対し、「マレーシアは自分達の国なんだ」という民族意識と自主独立の気運を高めるという政治的な意味合いもあります。

 そのためには、商売人として優秀で強力な経済観念を持った華僑(中国本土から渡ってきてマレーシアに住みついた人々)のこの国に対する経済的支配をある程度抑制する必要があると考えたのです。

具体的にブミプトラ政策のいくつかを見てみましょう。


1 教育におけるマレー人優遇

教育現場では、初等教育から大学までマレー語を国語とし、中国系の学校でもイスラム史とともに必修科目としています。

また、入学定員も人口比率を大きく上回る形でマレー人の割当が高く、同じ学力でもマレー人と非マレー人(華人、インド系)では難易度が大きく異なります。

こうしてマレー人の教育水準を高めようとしているわけですが、非マレー人からしてみれば、「自分よりも成績の悪いマレー人が自分よりもいい大学に行ける。」という不満が鬱積しているようです。


2 就職におけるマレー人優遇

教育と同じように就職機会もマレー人の方に大きく門戸が開かれています。特に公務員、政府系の基幹産業などはマレー人を優先的に採用します。


3 住居におけるマレー人優遇

民間の開発した住宅や工場でもそのうちの一定割合はマレー人のためにキープしておかねばなりません。そのためマレー人は競争なくいい条件の物件に入ることが出来ます。住宅等の分譲物件はマレー人に対してのみ一定額安く販売することになっています。


4 銀行融資におけるマレー人優遇
 
個人でも企業でもマレー人は優先的にいい条件で融資を受けることが出来ます。金利も非マレー人よりも安く借りることが出来ます。


5 会社経営上のマレー人優遇

マレーシアで会社を設立する場合、一定割合マレー人を株主にしなければなりません。能力があろうとなかろうと役員や社員の一定割合はマレー人でなければいけません。また、マレー人が100%出資している会社は、政府系の仕事を優先的に受注することや業務上の特定の免許などを優先的に発給してもらうことが出来ます。


その他にも細微にわたり全ての分野でマレー人が非マレー人に対し優遇されるような施策が施されています。このような政策によってマレー人の経済的社会的基盤を強くし、生活水準を向上させようとしているわけなのです。

しかし、もともと勤労意欲に乏しいマレー人がますます働かなくなる、といった弊害が指摘されています。それほど、勉強しなくても、働かなくても一定の地位は保証されているのですから当たり前といえば当たり前ですよね。

現在のマレーシア政府はこの不公平を是正するどころか、むしろ拡大する方向で動いているように見えます。

たしかに日本人にとって住み心地のいいマレーシアではありますが、いいことばかりではないということです。マレーシアのいい面ばかりを強調して移住や不動産購入を煽る業者が多いですが、日本とマレーシアの長所・短所を考え合わせて冷静に比較して決めましょう。

マレーシアの民族問題

移住先候補人気No1のマレーシアではありますが、マレーシアに長年住んでいるとマレーシアの影の面、色々な社会問題も耳にするようになります。

その最たるものが民族問題。マレーシアは多民族国家として、主にマレー系、中国系、インド系の3つの民族が融合して仲良く暮らしていると言われています。

実際そのとおりなんですが、時には民族間の対立や紛争といったことも起こります。

最近問題になっているのは、中国系に対する度重なる批判で物議を醸した統一マレー国民組織(UMNO)系のマレー語紙「ウトゥサン・マレーシア」が度々、マレーシアに住む中国人を「恩知らず」と批判していることです。

今回同紙は、イエ・リンシェン氏著の「チャイニーズ・ジレンマ」(2003年刊)を華人批判に引用し、華人であるイエ氏自身が「マレーシアの華人が 他の国の華人より幸運だが恩知らず」と結論づけ、「マレー人が華人に対していかに気前よく振る舞ってきたか」強調していると主張。

同紙が総選挙後に掲載し た「華人はさらに何が欲しいのか」と題する記事は「現実的な」問題提起だったにも関わらず、華人系団体や野党などが不当に騒いだと批判しました。

その上で華人が経済力を手に入れただけで満足せず、教育や政治でもマレー人からリーダーシップを剥奪しようとしていると指摘し、一方のマレー人は華人の言いなりになって虐げられているとしています。

私はマレー人でも中国人でもないのである程度中立的な立場で見ることができますが、このマレー語紙「ウトゥサン・マレーシア」の主張していることはまったく筋違いという気がしますね。

人種差別政策のブミプトラによって虐げられているのはマレー人ではなくむしろ中国人やインド人の方です。たしかにマレーシア国内で経済を牛耳っているのは華人が経営する会社が大半ですが、マレー人と華人のビジネスに取り組む姿勢を見ればそれは納得できます。

すべての会社がそうとは限りませんが、一般的にマレー系の会社は「サービスが悪く、対応が遅い。」というのがマレーシアでは常識です。一方、華人系の会社は、はるかにサービスの質がいいので顧客がそちらに流れていくのは、資本主義社会では当然のことと言えます。

その資本主義の原則では、マレー人が勝てないのでブミプトラ政策で優遇する、つまりハンディキャップをつけているわけですね。それでも華人優位は変わりませんが…

マレー人が華人から学ぶべき点はまだまだあるはずです。

むしろ早く追いついて人種差別政策を撤廃するぐらいの気概をみせてほしいところですね。(絶対に無理でしょうが…)

東南アジアの中心はマレーシア!?

マレーシアにイオンショッピングセンター(ジャスコ)を展開するイオンは2012年11月1日、フランス資本のカルフールを買収しました。日本の流通大手ではアジアで初めてのM&A(合併・買収)ということになります。かねてよりイオンは東南アジアで積極展開しており、マレーシアには東南アジアの事業を統括する「アセアン本社」を新設しています。アセアンの「中心」をマレーシアと位置付けているのです。


私の住むBandar Botanic(バンダ― ボタニック)から徒歩5分のところにも巨大なイオンショッピングセンター、AEON Bukit Tinggi Shopping Centreがあり重宝しています。私がマレーシアに本格的に移住した2005年当時にはまだ無かったと記憶しています。


どうしてイオンはマレーシアを東南アジアの中心拠点と位置付けているのでしょうか?


理由として考えられるのは、日本人がマレーシアを移住先の第一候補と考える理由とほぼ同じだと思います。


まず東南アジアの中では最も整備されたインフラを持ちながらも、シンガポールや香港と比べればコストは全然安い。法的にも英国流の法整備がしっかりしているのでビジネスもやりやすいんでしょうね。私もそれは実感しています。


あとはマレーシアの経済規模がほどほどにいいこと。シンガポールはコストが高い上に人口が約500万人とマレーシアの2割弱しかいません。購買力という点では流通業から見れば魅力に欠けますね。


タイはどうでしょうか?人口は6500万人とマレーシアに比べると倍以上です。ところがタイでは働き手の約4割が農業従事者であり所得水準はまだまだです。一方、マレーシアは石油や天然ガスなどの天然資源豊富な資源国なので、1人当たりGDPは9700ドルとタイの倍近くあります。東南アジアの中では政治的に安定し、内需も堅調に推移しており、理想的な経済規模と言えるんでしょうね。


イオン以外の日系企業にもどんどん進出してもらって、マレーシアがより日本人にとって住みやすい国になることを望みます。

マレーシアの住宅事情

私が初めてマレーシアを訪れたのは2004年、脱サラして一人で東南アジア各国をほっつき歩いていた頃でした。そのときに真っ先に感じたこと。


それは…


「ここって本当に発展途上国!?」


というものでした。


というのも、道路等のインフラははっきりいって日本よりもいいかもしれないし、大型ショッピングモールもたくさんあるし、その中に入れば日本やシンガポールの店舗と何も変わらない… いや、ショッピングモールの規模は日本のものよりもはるかに大きくて、とことん安い国産品や中国製のものから、欧州の高級ブランド品まで何でも揃う。


フィリピンやタイ、インドネシアにも大型ショッピングモールはありますが、品ぞろえの豊富さ、特に高級ブランド品の豊富さならマレーシアが抜きんでていると感じました。ブランド品の品揃えといえばもちろんシンガポールや香港には負けますが…


とにかくイメージしていた混沌とした東南アジアの国のひとつ、といったものとは程遠いものでした。


そして、ここで知り合った何人かのマレーシア人の家を訪問してさらに驚いたのは、マレーシアの住宅事情です。


戸建てにしてもコンドミニアムにしてもとにかく広い!

リンクハウス


私の感覚では、普通の中流家庭(イメージとしては旦那が大卒で社会人5年目以降、子供2人程度)で、100平米以上のコンドミニアムか、土地面積40坪程度の戸建てを所有している、という感じでしょうか。賃貸ではなくて所有ですよ。


当時40歳を目前にして東京都内に50平米程度の1DKマンションを買って満足していた私でしたが、マレーシアのこの恵まれた住宅事情を目の当たりにして愕然としたものでした。


彼らマレーシア人の暮らしぶりを見ても、日本人に比べれば優雅そのものでした。


普通のオフィスワーカーの場合、仕事は朝9時から夕方の5時まで。日本人と大きく違うところは、彼らは決して残業などしないことです。少なくとも私の回りには残業を受け入れられるマレーシア人はいません。ですので、夕方の5時前後になるとみんないっせいにオフィスから出てくるので道路はどこも大渋滞です^^


そして、日本人と違って有給休暇も残さずきっちり消化するのが当たり前です。マレーシアでは11月、12月になると平日でもショッピングモールやリゾート地が週末並みににぎわうのですが、これはみんなが有給休暇消化のために休みをとって、遊びに出かけるためなのです。


親戚に不幸があったときぐらいしか有給休暇が取れない日本人にとっては羨ましい限りですね。


そして、マレーシア人が大好きなのはホームパーティーです。子供の誕生日や、ちょっとしたお祝い事があると、広い家に友達を呼んでパーティーを開くのです。狭い日本の家では不可能ですがこちらでは一般的で、しょっちゅう目にします。私も何度も招かれたことがありますし、私の家で催したこともあります。


それと、食料品が安いマレーシアでは、外食を利用するのが普通で、料理をしない人も結構多いですね。私自身も自炊半分、外食半分といったところでしょうか。多民族国家のマレーシアでは、マレー料理、インド料理、中華料理はもちろん、日本料理、イタリア料理、フランス料理、スペイン料理等など… あらゆる料理が楽しめます。


欧米人もそうですが、こちらの人は人生の楽しみ方を知っています。というか知らぬは日本人のみ… といった感じもしますね。家は小さいし、休みも取れない、残業もしなきゃいけない… という事情を考えると日本では不可能かもしれません。



そんなマレーシア人の心から人生を楽しんでいる様子を何度も見て、そして、住宅事情をはじめとした生活環境を見て、私はマレーシア定住を決意した次第です。

Powered by
30days Album
PR