マレーシア不動産|  プロフィール|  アーカイブ|  エントリー|  コメント|  トラックバック|  カテゴリー|  お問合わせ| 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

MM2Hビザ申請手続き





 <MM2Hビザ申請書類>


1.Letter of Application (Cover Letter from applicant)
カバーレター
何故退職者ビザを申請したいかなどを書く。

2. A copy of resume by the main applicant which include the following information; * Academic qualification * working experiences * skills or expertise acquired
申請者の経歴書。学歴、職歴、特殊技能などを明記。

3. One (1) copy of MM2H Application Form - can be downloaded from MM2H website;
MM2H の申請フォーム
Note: Applicant and all the dependents have to complete the Form individually
夫婦で申請する場合でも、各1部づつ記入のこと。

4. Three (3) copies of IM.12 Form (Social Visit Pass );
IM12フォーム(3部)
1枚は原本/2枚はコピー可

5. Four (4) colored passport size photographs;
パスポートサイズの申請者のカラー写真を4部。

6. Copy of Passport/Travel documents ( all pages) with certification on the pages with personal particulars;
パスポートの全ページのコピー(表紙から白紙のページを含めて)
顔写真のあるページの情報を英文にし、公証役場で認証してもらう。行政書士でも書類作成可能。申請で利用するパスポートが12ヶ月未満の場合は古いパスポートも同じ要領でコピーを用意する。そのコピーが原本と相違ないことを証明する書類も公証人役場で取得のこと。

7. Self declaration on your/dependents health conditions - Form can be downloaded from MM2H website;
健康に関する申告書。

8. Certified copy of Marriage Certificate ( if accompanied by spouse );
戸籍謄本(夫婦であるという旨が書かれた書類)を英文にし、公証役場で認証してもらう。

9. Certified copy of Birth Certificate/legal documents ( if accompanied by children/adopted children/step children/parents );
出生証明書
21歳未満の独身の子供が同行する場合、英訳し認証。
両親の補助が必要な21歳以上の未婚の子供を連れていく場合は専門医又は医師の診断書が必要(英語)。また、滞在中の同行する子供に関わる全ての費用は代表者が負担するという旨の宣誓書が必要(英語) 。

10. Certified copy (s) of latest 3 months’ bank statement /other related financial document (s) to indicate the financial capability to support stay in Malaysia;
財務に関する書類
最近3ヶ月間の預金通帳のコピー、その他の定期収入証明(例: 年金受領書、給料明細書など)。
<預金の場合>銀行発行の残高証明書(過去3カ月分)原本/英語
 <株式の場合>証券会社発行の評価額の入った持株リスト(過去3カ月分)原本/英語
 収入証明は収入が記載された銀行口座の書類を提出 原本英語
※書類の原本が英語以外の場合は、資格を持つ翻訳者によって正確に英訳される必要があります。

11. Appendix
チェックリスト

12. Authorization letter from applicant to Malaysia My Second Home Centre to verify the financial documents with the relevant financial institutions;
財務書類に関する開示承諾書

13. Letter of Good Conduct from your relevant government agency ;
無犯罪証明書を最寄りの警察より発行してもらい添付する。

上記の書類を用意し、マレーシア観光省、クアラルンプール本局へ送付します。結果が出るまでは2-3ヶ月かかります。一回の申請で10年間有効のビザが貰えるので、他国で発給されているような、1年更新のものとは異なり、非常に便利です。


書類の送り先

<マレー半島で滞在する予定の場合>
Malaysia My Second Home Center(Ministry of Tourism, Malaysia)
 Level 10, No.2,Menara1, Jalan P5/6, Presint5, 62200, Putrajaya, Malaysia
 Tel.603-88917000 Fax.603-88917100
 e-mail:info@mm2h.gov.my

<サバ州で滞在する予定の場合>
 Department of Immigration, Sabah
 Aras 1-4, Block B, Kompleks Pentadbiran Kerajaan Persekutuan Sabah, Jalan Sulaman, 88450 Kota Kinabalu, Sabah
 Tel:6088-807000
 Fax:6088-488800


MM2Hセンター内移民局より、審査を通過した申請者に仮承認書が発行されます。 (書類は原則日本の住所に郵送されます)


仮承認を得た申請者は、マレーシアへ来て残りの書類の手続きをすることになります。

1. マレーシアの銀行で口座の開設

2. マレーシアの保険会社にて医療保険に加入

3. マレーシアの医療機関で健康診断を受診

4. セキュリティボンド
書類に記入し、税務署でRM10を支払う。


MM2Hセンター内移民局出張所にて残りの書類を提出

<書類>

1. 銀行の定期預金証明書 と口座開示承諾書 口座開示承諾書

2. 医療保険証書(加入できなかった人は保険会社からの手紙)

3. 健康診断書

4. セキュリティボンド(代表者分)

<費用>

*ビザ代金(RM90/1年)*許可された年数分支払います(通常RM900)
*JPビザ代金(RM500-日本人の方は必ず必要です)
*セキュリティボンド代金(RM1,000)

申請〜承認までの時間:書類に不備や問題がない場合は通常時30営業日でビザが交付されます。


MM2Hビザを申請するには、自分で申請するか?それとも代理店経由で申請するか?どちらの方法で申請するのがいいのでしょうか?

このMM2H退職者ビザは、現地のビザ申請代理店に一任すると、最低でも20万円前後の申請料が取られます。自分で申請すれば、郵送料や翻訳代、コピー代だけの料金で済みます。用意しなければならない書類の中には時間がかかったり、煩わしい物もありますが、お時間のある方、英語に多少の自信がある方は是非ご自身で試す価値はあると思います。

ただし、私の知り合いにも自力で申請した人が何人かいますが、かなり英語が堪能な人でも、関係書類を読みこなして理解するのは至難の業で、電話やメールで問い合わせても、部署をたらいまわしにされたり、担当者によって言うことが違ったりと、かなりの労力と時間がかかることは覚悟しておいた方がいいでしょう。

 

MM2Hプログラムに関するその他の手続き


ビザの延長

パスポートの残存期間の関係で10年間ビザが交付されなかった場合、更新したパスポートでビザの延長申請が可能です。
※必ず本人が移民局で手続きをしてください。

<必要書類>
・古いパスポートと新しいパスポート
・新しいパスポートのコピー
・IM12フォーム
・ビザ代金 RM90/1年につき
・定期預金口座証書のコピー


10年後の更新

10年経った後更新も可能です(認可の可否は移民局によって決定されます)。
※必ず本人が移民局で手続きをしてください。

<必要書類>
・プログラム継続を希望する旨を書いた手紙
・パスポート
・パスポートのコピー
・ビザ代金 RM90/1年につき
・定期預金口座証書のコピー(該当の場合)
・健康診断書のコピー
・海外での月収証明書(もしその時点で収入があれば)


プログラムの終了

MM2Hプログラムを終了する場合は下記の書類をMM2Hセンターへ提出してください。
・プログラムを終了する旨を書いた手紙
・パスポート(配偶者や家族がいる場合は全員分)
・パスポートのコピー(配偶者や家族がいる場合は全員分)
・定期預金口座のコピー
・定期預金口座の最新残高証明書のコピー


同行する子供がマレーシアで学校に入学する場合

同行する21歳未満の未婚の子供がマレーシアの学校(インターナショナルスクールや大学)に入学したい場合は原則として学生ビザを取得することになります。

ビザの条件は学校によっても異なります。またインターナショナルスクールでは卒業時に交付される卒業資格等も学校により異なりますので、必ず学校にお問い合わせください。

MM2Hビザの申請条件





 
50歳以上(1か2を選択)

1、マレーシアの金融機関に15万RM(約450万円)の定期預金とマレーシア国外での1万RM(約30万円)相当の証明の収入証明を提出

2、マレーシア国外での1万RM(約30万円)相当の公的年金証明を提出
 ※1、2共に、金融資産として35万RM(約1050万円)を証明する (預金・投資信託・国債などを含む)


50歳未満

・マレーシアの金融機関に30万RM(約900万円) の定期預金
・マレーシア国外での1万RM(約30万円)相当の収入証明を提出
 ※金融資産として50万RM(約1500万円)を証明する (預金・投資信託・国債などを含む)


•財政的条件は、単身、ご夫婦での申請にかかわらず同一です。
 (財産、所得とも夫婦名義の合算が可能)
 
•「金融資産残高」は、預貯金、有価証券(株式、債券、投資信託等)は対象(海外での保有も含む)ですが、不動産の評価額は対象となりません。

•金融資産残高の証明は、基準より余裕のある数字を提出したほうがスムーズに審査が通ります。


その他共通の条件
 •マレーシア国内で医療保険に加入することが必要です。
 •マレーシア国内で健康診断を受けることが必要です。
 •MM2Hの解約時には定期預金は全額返金されます。

 

リタイアメントについては気になるが、まだまだ先のことではないか、あなたはそう考えるかもしれません。


ですが、このMM2Hビザを、「いま」とった方が良い理由があります。


理由1 申請基準が年々厳しくなる傾向に

MM2Hビザは申請時に経済的証明をする必要がありますが、その基準が改定ごとにハードルが上がっています。数年前は月々の収入証明は必要ありませんでしたが、現在は月々約30万円の収入の証明が必要です。
 
現在、取得者数が増加している傾向を見ても今後申請基準が高くなることが予想されます。もし「まだ定年まで時間があるし、将来的に申請しよう」と思われていても、そのときの条件によっては審査基準を満たさない場合もあります。
 MM2Hビザは「取れるときに取る」がお勧めです。


理由2 歴史的な円高

ご存知の通り、昨今歴史的な円高が続いています。この時期に資産管理のリスクヘッジとして円を外貨に換えることのメリットは測り知れません。特にマレーシアは経済が堅調に推移しており、資産管理の部分で今後ますます注目されていくでしょう。また銀行の定期預金の利率も3%前後と日本に比べ格段に良いのも大きなメリットです。


理由3 不動産取得の最低購入価格の引き上げ

マレーシアでは外国人不動産購入に関して最低購入価格を設定しており、現在は50万リンギット(約1500万円)以上の物件しか購入できません。これが将来的に100万リンギット(約3000万円)になることが予想されています。すでにペナン州においては正式に発表されています。
 
しかし、MM2Hビザ保持者には優遇処置がされ、現行の最低購入価格が維持されるようです。居住のための不動産購入、あるいはキャピタルゲイン狙いの不動産購入に際しても、選択肢を広げるうえでMM2Hは必須となるでしょう。


理由4 自分で守る!資産管理

世界中の経済が混沌とし、日本経済の復活の兆しも見えない中、資産の自己管理は非常に重要になっています。日本の銀行に定期預金をしてもスズメのなみだほどの利子で、ペイオフの可能性も否定できません。マレーシアの場合、定期預金の利率は約3%前後。日本だけに定期預金をしておく理由はありません。


理由5 家族を守る!生活のリスクヘッジ

東日本大震災により日常生活が脅かされる恐怖を日本国民全員が感じたことと思います。また日本政府の対応に対する不信感もぬぐえません。実際に地震以降、マレーシアへ移住する日本人の数は倍増しています。日本国外に拠点を求める動きはとどまることがありません。いざというときに家族を守るための「生活のリスクヘッジ」が必要な時代です。

マレーシアのリタイアメントビザMM2H






 現在マレーシアには、多くの日本人が訪れておりその数も年々増加しています。

 

多くの日本人がマレーシアに殺到する理由


それは、移住先のひとつとして、マレーシアへの居住を考えているからです。


マレーシアは、世界でもっともリタイア先として人気のある国であり、ビザの制度も完備され、受け入れる体制が出来上がっています。


そしてマレーシアは、他のアジア諸国と比べると治安が抜群に良いです。


日本人も多く住んでいるため日本食が恋しくなった時も困ることもありません。


一年中温暖な気候で、生活コストも日本の3分の1から5分の1程度しかかかりません。


投資先として優れているばかりではなく、先々自らが住むという選択を行う国としては非常に適しているのです。


リタイアメントといっても、単に定年後にのんびりと暮すだけではありません。


日本円という通貨の価値が、非常に下がってしまった時、日本という国の環境や制度が変わり、非常に住みづらくなってしまった時、日本国内の資産ががんじがらめに規制され、お金の移動の自由が奪われてしまった時(資金移動の規制強化は既に始まっています)、日本の他にも、長期滞在ができる選択肢、を持っていることはリスク分散の観点から非常に大切です。


これは、あなただけではなく、あなたの家族をより安全で過ごしやすいところに住まわせて快適な住環境を提供する、ということでもあります。


その貴重な「快適に暮らす権利」が、リタイアメントビザを取得することによって入手できてしまうのです。


資産管理に敏感な富裕層がこぞってビザの取得に動いている、さらには、各国政府が様々なメリットをつけて、富裕層にアピールしている、こうした現象には、上記のような理由があるのです。


マレーシア政府が肝いりで取り組んでいるMM2Hビザの場合、

・10年間ごとの更新により長期にわたって住める権利
・年間で何日以上マレーシアに滞在しなくてはいけない、といった縛りがない 

というメリットが設定されています。


MM2Hビザには、他にも様々なメリットがあります。


投資の手続きや、投資効率を高める銀行融資を受ける時。


MM2Hビザを持つことで、手続きの上で、規制の多い「外国人」ではなく、「マレーシア国民」と同じ扱いとなり、より有利な条件で投資をすることが可能になります。


通常、リタイアメントビザの場合、文字通り就労することはできません。


これはほとんどの国でそうです。


マレーシアのMM2Hビザも、直接の就労はできませんが、MM2Hの場合、ビザ取得をすると、会社の役員になる、という形で、所得を得ることは可能になります。


所得を得ることにより、銀行は、より高い比率でお金を貸してくれます。貸出先としての信用が高まるのです。


更に言えば、単に住むだけであれば、住民税などの税金は一切かかりません。これも大きなメリットだと思います。

 

以下MM2Hビザを取得するメリットを箇条書きしてみました。


■最長10年間の滞在許可。滞在義務がありません。

■希望する期間、自由に滞在することができます。
 
■移民局より許可されれば、10年後以降のMM2Hビザを更新することが可能です。

■日本から送金される年金に対する税金が免除されます。
 
■MM2Hビザ用の定期預金の利子に対する税金が免除されます。
 
■車の輸入が免税で実施できます。 (MM2Hビザ交付日から6ヶ月以内)
 
■新車で車を購入する場合、免税で買える車があります。 (MM2Hビザ交付日から12ヶ月以内)
 
■一軒50万RM(約1500万円)以上の住宅を購入することができます。

■マレーシア法人を作って起業すること、または週20時間以内のパート就労も可能です。

Powered by
30days Album
PR