マレーシア不動産|  プロフィール|  アーカイブ|  エントリー|  コメント|  トラックバック|  カテゴリー|  お問合わせ| 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

マレーシアのボーティー(BOH TEA)

マレーシアのホワイトコーヒーに次いで有名な飲み物はなんでしょうか?

コーヒーの次に来るのだから順当にいくと紅茶ですよね^^

BOH TEA(ボー紅茶)は、ホワイトコーヒーと並んでマレーシアの定番のお土産となっています。

OH TEA の歴史は古く、1929年にまでさかのぼります。マレーシアの避暑地として有名なキャメロン ハイランドで、マレーシアで第一号のハイランド紅茶の農園と して、BOH TEA ガーデンが始まりました。今では、マレーシア国内最大の紅茶プランテーションを持つほどに、有名かつ人気のある紅茶として、広く国内、国外を問わず知られ るようになっています。

BOH TEAのラインアップには、広く知られているイングリッシュティーやジャスミンティーのみならず、いろんなフレーバーティーがあります。パッションフルー ツ、マンゴー、ライチなどの南国風のフレーバーから、ペパーミント、レモンマートルなど、爽快感のあるフレーバーまで幅広くそろえられています。

ただ、私はシンプルな味が好きですのでスタンダードのものを愛飲していますが。

その品質は折り紙つきで、ボーティーはカップに注いで時間が経っても苦みは出ません。そして、アイスティーにして保管しても色がにごりません。アイスティーは一度に多く作り冷蔵庫に保管される場合が多いので、通常の紅茶は時間が経過すると色がにごり透明感がなくなります。

マレーシア産の紅茶は二杯目が苦くなりません。通常の紅茶ですとティーポットを使い紅茶を入れる時、二杯目が苦くなりすぎる傾向があります。これは紅茶の性質上避けられません。二杯目が苦くならない事はボーティーの大きな特徴です。

そんなマレーシア産のボーティーはすっきりしながらも深い味わいがあり、香りは勿論上質紅茶そのものと言っていいでしょう。最高のアッサムやダージリンのセカンドを上回る品質です。何れも粒状茶葉形態で、茶葉をカットして品質を均一化しています。ダージリンファーストフラッシュのような一葉茶葉形態ではありません。


紅茶の産地として有名なインド、スリランカなどの農園は18世紀中頃からですが、マレーシアのBOH社は1929年にスコットランド人JAラッセル氏によって設立されました。

キャメロンハイランドという約1500メートルの高地で栽培しています。 マレーシアは熱帯雨林でも知られる通り、雨量と十分な日照に恵まれた高地であり、茶栽培には最適な条件を満たしています。

マレーシア産紅茶(ボーティー)の特徴

   ✔ 自家開墾農園栽培の茶葉を100%使用
   ✔ 自家農園内にて茶摘み後、自家農園内で即紅茶生産
   ✔ 紅茶完成と同時に自家農園内の包装工場で最終製品化

通常、紅茶農園は原料緑茶生産に集中し、紅茶生産まで自家農園でするところと、緑茶段階で茶を紅茶製造加工業者に売却するところとに分かれます。包装は殆ど第三国でなされるのが常識であり、自家農園内で栽培・生産・包装まで行っているBOH社は大変希少な存在なのです。

そのため、リーフティもティバッグ製品も優れた品質が保証されています。特に個別包装になっているティバッグは、最終工程でプレスで空気を抜く脱酸素処理がなされている点も特筆すべきところです。

ということで、マレーシア旅行の際はボーティーとホワイトコーヒーは必ず買いましょう^^

マレーシアのホワイトコーヒー

マレーシア料理や飲料で有名なものといえば何が思い浮かぶでしょうか?

料理ならナシレマやワンタンミー、カレーミー、プローンミ―、バクテー、サテ―…

無数にありますね^^

それでは飲み物はどうでしょう??

例えばコーヒー。

マレーシアのローカルコーヒーは日本で知られているコーヒーとはかなり違います。

まず焙煎の段階でマレーシアのローカルコーヒーは普通のコーヒーと焙煎方法が異なります。

通常のコーヒーはコーヒー豆のみ炒りますが、マレーシアのローカルコーヒーの場合は、コーヒー豆と一緒にマーガリンと砂糖を加えるのです。そうすることによってあのマレーシアコーヒー独特の風味と香りが醸し出されるのです。

マレーシアのローカルコーヒー!

一度はお試しください。

ところで本日はマレーシアのローカルコーヒーの中でもさらにマニアックな濃い情報をお伝えします。

あなたはマレーシアのホワイトコーヒーという言葉を聞いたことがありますか?

白いコーヒー…

実際はそれほど白くはないんですが、普通のローカルコーヒーに比べると白っぽいということです。

さきほどマレーシアのローカルコーヒーは焙煎の段階でマーガリンと砂糖を加えるといいましたが、ホワイトコーヒーの場合はこのマーガリンと砂糖の比率を通常よりも落として、つまりコーヒー豆だけに近い状態で炒るわけです。

しかし、ごくわずかではありますが、マーガリンと砂糖が入っているので、私たちの知っている一般のコーヒーとも違います。

このコーヒー豆、マーガリン、砂糖のh率は企業秘密だそうですが、この絶妙のバランスによってちょっと白っぽいコーヒーが出来あがります。

見かけ以上にその風味と香りは通常のコーヒーとは違いがあります。

実はコーヒー通の間で、マレーシアはホワイトコーヒー(白珈琲)の本場として知られているのです。

普通のコーヒーに比べると、口当たりがまろやかでコクがあり、香りはマイルドです。

コーヒー通をうならせる奥深さがありながら、コーヒーが苦手な人でもホワイトコーヒーなら大丈夫という人も多くいます。

イギリス英語でWhite coffeeといえばミルク入りのコーヒーを意味するものですが、マレーシアのホワイトコーヒー(白珈琲)は前述のとおりまったく別物です。

マレーシアホワイトコーヒーの特徴としては、

✔ カフェラテのような白っぽい色
✔ 口当たりがまろやか
✔ コクがある
✔ 独特のマイルドな香り

といったものがあります。

さてさて前置きはこのくらいにして…

私はここマレーシアで不動産投資をする傍ら、色々なビジネスも立ち上げています。もちろん、このマレーシアホワイトコーヒーも扱っています。

私が日本へ輸出しているマレーシアのホワイトコーヒーがマレーシア政府観光局オフィシャルブログで紹介されています^^

マレーシア政府観光局オフィシャルブログ(マレーシアホワイトコーヒー)

ちなみに「現地「Lucky Bean」という会社のホワイトコーヒー」と紹介されていますが、詳しくはLucky Beanは会社名ではなくブランド名です^^

3年かかって輸入許可を取りました。日本で初認可です。

マレーシアホワイトコーヒーの販売にご関心がある小売店、卸売店、ネットショップ経営者の方がいらっしゃいましたら是非ご連絡ください。

日本の通関や検疫は本当に理不尽であれこれとイチャモンをつけては、日本への輸入を阻止しようとしていましたが、3年粘ってなんとか輸入許可を取りました。

輸入許可をとることがこれだけ至難の業ですので、今後もライバルは現れないでしょう。
Powered by
30days Album
PR