マレーシア不動産|  プロフィール|  アーカイブ|  エントリー|  コメント|  トラックバック|  カテゴリー|  お問合わせ| 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

「住みやすい街」の条件

 私の住むBandar Botanic(バンダ― ボタニック)を独断と偏見で「マレーシアで最も住みやすい街」と表現しましたが、独断と偏見とは言ってもまったくデタラメで言ってるわけではありません^^;


私なりの「住みやすい街」の基準を列挙してみますね。


 交通の便がいい。

日本で“交通の便がいい”というとすぐに「駅が近い」と連想してしまいますが、アメリカと同じく車社会のマレーシアでは、“交通の便がいい”=“高速道路へのアクセスがいい”ということになります。ですので、マレーシアの不動産物件で優良物件と言われるものはすべて、この条件に当てはまる必要があるのです。もちろんプラスアルファのポイントとして鉄道の駅が近いとより付加価値がつく場合もあります。ただし、一般的に中産階級以上のマレーシア人は鉄道を利用しない人も多いので、駅の近くは「人通りが多くてうるさい」「治安が心配」などと厭がる人もいます。


 近くにジャスコ等の大型ショッピングモールや商店街がある。

一般的に住宅地のエリアには小規模店舗が集まった商店街が併設されている場合がほとんどですが、ジャスコ、カルフール、テスコ、ジャイアンといった大型ショッピングモールは車で10分か20分程度行かないとない場合が多いです。ですので、徒歩圏内、もしくは車で10分以内のところにこのようなショッピングモールがあると、生活至便でポイントが高くなります。

 銀行、郵便局、コンビニ、病院、保育園、クリニック、理髪店などの普段の生活に欠かせない設備が近い。

これらも徒歩圏内にあれば申し分ないですが、車で10分以内で行ければOKです。


 緑豊かな公園等、自然が身近にある。

これがなかなかマレーシアにはありません。一歩市街地を出るとまだまだ手つかずの自然が残っているマレーシアでは、あまり気にする人は少ないのかもしれませんが、我々日本人にとっては大切な要素です。


 治安

東南アジアの中では比較的治安がいいと言われているマレーシアですが、世界で最も治安のいい国と言われる日本と比べると、やはり治安はあまりよくないと言わざるをえません。日本人がマレーシアに住むに当たっては最低限の注意は必須です。

コンドミニアムなら必ずセキュリティゲートがあって、警備員が24時間体制で監視していますが、リンクハウスやセミディタッチ、バンガローといった戸建て住宅はどうでしょうか?ある程度のグレードの住宅地にはコンドミニアムと同じく、住宅街の入り口にセキュリティゲートがあり、警備員が24時間監視しています。そして絶えず住宅街をバイクで巡回しているのでセキュリティのしっかりした住宅地を選べば問題ありません。



以上5つほど「住みやすい街」の条件を挙げてみました。

私が住むBandar Botanic(バンダ― ボタニック)はこれら全ての条件を備えています。

まず,慮鯆未諒悗任垢、Bandar Botanic(バンダ― ボタニック)を出るとすぐに高速道路Kesas Highwayにアクセスでき、日本人学校のあるSubang Jayaに20分程度、首都KLまで40分程度で行けます。

△離轡腑奪團鵐哀癲璽襪亡悗靴討癲徒歩5分程度でかつては東洋一大きいと言われていたイオンショッピングモールに行けますし、回りには多くの商店街があります。

の銀行、郵便局、コンビニ、病院、保育園、クリニック、理髪店など… はすべて徒歩圏内にあります。

い領佶かな公園等、自然はBandar Botanic(バンダ― ボタニック)の一番の売りであり、私がここに居をかまえたのもこの公園の存在が大きかったです。






ボタニック公園
外周約7キロの池を囲むように美しい公園がありその公園を囲むように住宅地があります。

マレーシアではこれだけ大きな公園がある住宅地は珍しく、Bandar Botanic(バンダ― ボタニック)以外では、Kota Kemuning(コタ クムニン)やSetia Alam(サティア アラム)がありますが、Bandar Botanic(バンダ― ボタニック)と比べて規模が大きく、車がないとどこにも行けないのが難点です。

そしてイ亮0造Bandar Botanic(バンダ― ボタニック)はとてもしっかりしていて、住宅地の入り口では警備員が監視し、24時間住宅地内を巡回しています。

マレーシアBandar Botanicの生活

マレーシアで最も住みやすい街Bandar Botanicには徒歩圏内に超大型のイオンショッピングセンター(旧ジャスコ)もあるのでわざわざKLに出向かなくても日常生活に不便は感じません。


完成した当時は世界最大級のジャスコと言われていました。

今でも延べ床面積はマレーシアで一番だそうです。とにかく広いです。

日本食材も売っているのでたまに和食が恋しくなった時もOKです。

マレーシアで最も住みやすい街 Bandar Botanic

私達が住むBandar Botanic(バンダー ボタニック)は自然豊かな美しい郊外ですが首都クアラルンプールから高速で40分程度と、とても便利な立地です。



このBandar Botanic(バンダー ボタニック)という街は2000年頃に、今までの猥雑としたアジア的な街づくりから、緑溢れるモダンで住みやすい現代的な街づくりを掲げて造成が始まりました。

ですので、マレーシアのその他の街とは景観がまったく異なります。






そして何よりも美しい大型公園があり、周辺住民の憩いの場となっています。


この公園を毎日朝夕2回愛犬とともに散歩しています。


この池の外周が約7キロで普通に散歩して1周1時間ちょっとです。


日本で暮らしていた時よりも格段に時間の流れがゆっくりになりました。
Powered by
30days Album
PR